【整理収納】アドバイザーの仕事

2018年4月30日の北海道新聞朝刊

<北海道平成考 第一部 プロローグ>7 「それぞれの幸せ 「最期のとき」多様化 ひろがる選択肢 自分らしく

団塊の世代が高齢期を迎えるにあたり、多くの問題点が指摘されています。

そのうちの一つが、この世代の持つモノの多さとその処分。

戦争を体験し、最小限のモノで生活した経験を持つ親たちにより「もったいない」精神を受けついだこの世代は、「いつか使う(かも)」「捨てるのは忍びない」と、自分が使わないモノもなかなか手放すことができません。

その結果、家の中にはモノがあふれ、必要な時に必要なモノが見つからない現象が現れます。

広い家もモノに占領され、モノをよけながら歩いたりすることになります。

 

整理収納アドバイザーの佐藤純子さんは、自分ではなかなか処分できないモノを預かり、引き受け手を探して手渡ししています。

 

彼女のスローガンは

死んでからは遺品、生きているうちはプレゼント

 

整理収納アドバイザーとして、お客様のご意向に沿った整理収納を進めるために、とても必要なことです。

 

こんな人がすぐそばにいたら、どんなに気が楽になると思いませんか?

そして、あなたも整理収納アドバイザーになることができます。

 

整理収納アドバイザー2級認定講座☆彡

お申込み受付中↓↓↓

★【旭川市】 2018年5月20日(日)10時~17時半

お申込みはコチラから 

★【札幌市】 2018年5月27日(日)10時~17時半

お申込みはコチラから 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    佐藤純子 (土曜日, 05 5月 2018 18:05)

    桑島さんの大切なブログに掲載していただき、ありがとうございます。
    私のアドバイザーとしての原点である[プレゼントと遺品]
    車旅の方が先行して、自分でも忘れかけていました。
    思い出させてくれて感謝です。
    多くのアドバイザーさんを育ててくださいね。

  • #2

    桑島 まゆみ(うぃーら) (土曜日, 05 5月 2018 18:41)

    佐藤 純子様

    いつも応援ありがとうございます。
    私もセミナーの度に純子さんの「プレゼントと遺品」のお話をしています。
    多くの方がうなずいてくださいます。
    うなずくだけでなく、実行していただけるよう、後押ししたいですね。
    これからもよろしくお願いいたします。