【ご報告】防災備蓄収納自慢で優勝

2018年4月21日に札幌で開催されました防災備蓄収納SBSセミナー内の1コーナー【防災備蓄収納自慢】。

ご来場の皆様が「これ!」と思った作品にシールを貼っていきます。

その企画で、うぃーら代表 桑島まゆみの作品が好評価をいただきました。

北海道では、冬道で車の走行が不能となることがあります。

その時のために備えておくのは命を守る行動にもつながります。

主催の(社)防災備蓄収納プランナー協会長柴美恵代表からは「東京開催の時とは違う作品が出品されて、その地方の特徴が出ていました」と感想をいただきました。

 

 SBSセミナーin北海道報告

優勝賞品は・・・

協会より届いた賞品は「つなぐcodes」。

 

パラシュートなどで使われているパラコードと呼ばれる紐を編み合わせたブレスレッド。

太さ4mmなのに、1本で250キロのものを支えることができるとか。

すでに、テントなどを止めるロープとして使っている方も多いと思います。

私も学生時代はワンゲル部でしたが、強風の時のテント張り、紐が切れたりして大変でした。

 

パラコードは災害時でも日常でも心強いアイテムになりそう。

しかもおしゃれなミサンガなので、普段使いできます。

 

  • 止血帯
  • 骨折の応急処置
  • 洗濯ものを干すためのロープ
  • スニーカーの紐
  • 犬の首輪とリード

(桑島 まゆみ)