· 

【開催報告&受講者様の感想】10/24岩内消費者協会様整理収納セミナー

「すぐに片付く!自分のモノサシの決め方~整理整頓・快適で心豊かに暮らせるすまいを~」

北海道消費者協会非常勤講師として、岩内消費者協会さまの「暮らしのセミナー」に桑島が派遣されました。

 

岩内町は、札幌から向かうと小樽市やウィスキーで有名な余市町、果物の産地仁木町を通って高速バスで2時間半のところにあります。

台風一過の当日は快晴で、十数名の会員の方たちが会場に集まってくださいました。

 

協会の担当者さまからいただいたのが、標記のように「整理収納で快適に心豊かに暮らせる住まいを」という壮大なテーマ。

内容のリクエストが、「断捨離の方法」と「押入れの収納方法」。

 

「断捨離」は山下英子さんがすでに商標登録をしていて私たちには使えないので、「整理収納」という言葉を使わせていただくこと、「押入れの収納」は整理収納アドバイザー2級認定講座の最後の演習で行うぐらい難度が高いことを最初にお断りしました。

 

セミナーはまずご自分の整理収納の基準(モノサシ)をしっていただくための〇✖クイズから始まりました。

自分なら使う、いや使わない、など、「正解はありません」とお話しながら楽しんで本題に入りました。

 

●整理収納の方法としての4つのステップ

①全部の総量を知るために、全部出す(これが一番重要)

②分ける(使う・使わない・迷う)

③しまう(②で使うものを分類しながら)

④戻す(③で決めた指定席に必ず戻すとリバウンドが起こらない)

 

●②の「分ける」を素早く判断するための自分のモノサシをきちんと持つ

ミドル・シニア世代の方が多かったので、

「施設入居するときにもっていくのは?」

「100年後に残るのは?」

という究極の選択のお話もしました。

 

●押入れの収納

押入れという、ほとんど区切りのない大きなスペースを使うための区切り方、

4つのステップの③と④で、使いやすい、戻しやすいシステム作りをすること

ホームセンターなどで売っている押入れ収納グッズの見分け方などをお話しました。

 

最後に最初の〇✖クイズに再度チャレンジし、少しでも自分のモノサシが変わったかどうか確認していただきました。

 

締めは、私のセミナーでおなじみの「スッキリ小唄」を受講者様と大きな声で歌いました。

 

・・・・受講者様からの感想の一部をご紹介します・受講前の状態⇒受講後の変化・・・・

〇母の残した着物、古い写真等は押入れやタンスにいれたままで、手を付けるのが億劫でした

⇒気力・体力・財力?元気な時、今が一番若い時なので、何とかガンバリたいと前向きな考えに変わりました。大変わかりやすく、話の内容が身近に感じることができました。よかったです。

 

〇ごちゃごちゃして家の大きさにあわない物の量があります。

⇒セミナーは初めての参加でしたが、思っていたよりユーモアもあり、とても楽しく学べました。

 

〇家の中がいつも片付かない状態でした。

⇒今日出席して目からウロコが落ちたようです。なんでも取っておいて、馬鹿みたいだと思いました。

 

〇片付けたい気持ちはあったが、なかなか出来ない、どこから手をつけて良いかわからなかった。

⇒無理しないですこしずつでもかたづけていきたいです。

 

〇常に片付けが気になっていました。

⇒片付けは生活習慣病とのこと。優先順位をつけて片付けたいと思います。

 

・・・・・・・・・

うぃーらでは、女性専門家たちによる整理収納、不動産、相続、遺言、健康、介護などのセミナーや相談を受け付けております。

☎ 070-5282-7721

📨 512wiila@gmail.com

お気軽にご連絡ください。