私たちは、
ミドル・シニアの女性たちが
セカンドライフを安心・安全に暮らせるよう
一緒に考えサポートする
女性専門家グループです。

うぃーらトップ画像

「うぃーら」の名前の由来:ウィメンズ・ライフの「ウィ」と「ラ」を組み合わせて「うぃーら」と名付けました。

専門家

専門家 · 2021/01/28
電話の加入権が相続財産であるがために起こった問題をうぃーらの塩崎由花里行政書士から聞きました。 任意団体で電話を持つ場合、個人名義になります。 長い間そのままにしておくと、名義人が亡くなったりしますが、相続対象であるがために、その名義変更が面倒になるケースです。
専門家 · 2021/01/17
うぃーらの片づけ作業について、5回シリーズでお伝えします。
専門家 · 2021/01/17
うぃーらの片づけ作業について、5回シリーズでお伝えします。
専門家 · 2021/01/09
うぃーらの専門家会員である塩崎由花里行政書士から聞いたエピソードを代筆いたします。 塩崎行政書士は、遺言書作成を依頼されたお客様に、毎年直筆の年賀状と暑中見舞いを安否確認を兼ねて出しています。 今回はそれが役にたった、というお話です。
【専門家連携事業】親の介護と実家の片づけ
専門家 · 2021/01/05
元気だった親がある日を境に急に介護が必要になり、さらにどんどんお世話が大変になり先の見えない日が続くことがあります。 こういう時に限って他にも様々な問題が噴出し、どこから手を付けていいかわからない、すべてが不安になってしまいます。

専門家 · 2021/01/05
高齢の方やそのご家族は近い将来について、なんとなく不安をもっていらっしゃいます。 例えば、健康や介護、お金、片づけや不動産処分、相続など挙げてみればきりがありません。 うぃーらでは、お客様のお話をゆっくりお聞きしていく中で、問題点を整理し、必要に応じて専門家に繋げていきます。...
専門家 · 2020/12/13
少子高齢化が進む日本では、亡くなる人(被相続人)も財産をもらう人(相続人)も高齢者である場合が多くなっています。 死後起こりうる様々な問題に対応するために、公正証書遺言を書いてもらい、そのときに遺言執行者を指名しておくことができます。 2020年夏、うぃーらの専門家会員奥野舞弁護士が遺言執行業務を行いました。...

専門家 · 2020/12/08
オーナー事業主が事業承継できずに事業清算し法人を解散することになった、とサポートを依頼。 法人には担当税理士がいるので、税務以外の書類作成や申請手続きを塩崎由花里行政書士に、登記を大宮麻由美司法書士に依頼しました。
専門家 · 2020/12/04
札幌で起業している女性から、ご相談。 今使っている事務所が手狭になったということで広い所へ移転したいが、なかなか予算が合わないとのこと。 藤田絵理子不動産鑑定士/宅地建物取引士をご紹介しました。 お客様の要望を聞いて、できるだけご希望に沿ったところをご紹介。...

専門家 · 2020/12/03
杉田恵子理学療法士が訪問しているお客様からのご紹介。 近々お姉さまが施設に入る、ということで、家財などを処分したいのでアドバイスが欲しいとのご依頼。 桑島まゆみ整理収納アドバイザーが伺いました。 お姉さまは3LDKのマンションに住んでいらっしゃいましたが、入居予定の高齢者施設はワンルーム。 今使っているものしか持って行けないこと、...

さらに表示する